「黄金の夜明け」研究会

Japanese Association
for
the Golden Dawn(original) & their magic

七柱会
Amaterasu-Ra Temple, No. 3


[News][Circles][Mailing List][Contents][LINKS][Reports][English Page]

注意

このWebページは「黄金の夜明け」研究会の告知用ページです。
魔術の体系的網羅的紹介、公刊書籍で入手できる基本データの提供を目的としたページではありません。
また、申し訳ないですが、告知用に作っているので記事を厳密に作っていません。
内容は「いいかげん」です。
大負けにまけてworking papersといったところです。


告知

 メーリングリストで使用しているFreeMLでは、FreeML発行のお知らせメールや参加MLの配信が「一定期間内に一定数以上“宛先不明”となってエラーとなってしまった」場合、自動的にエラーアドレスとして認識し、メールを配信を停止する「システムによる配信停止」という処置が行われます。
 MLに参加しているが最近メールが届いていない、そのような方は、「システムによる配信停止」がなされている可能性がありますので、ご注意ください。詳細はここを参照してください。
 なお、研究会でブラックリストに登録した方は、音楽関係について不規則発言をしたお一人だけです。

 また、2014年の4月に、既にお知らせしたように、システムによる配信停止になっていた方のアドレスをリストから削除しました。
 これはリストの整理のため、システムによる配信停止状態のアドレスすべてに対し、「一律」かつ「機械的」に行ったものです。
 削除された方の再度の登録を拒否するものではありませんし、再登録は大歓迎です。再度参加されたい方は、もう一度リストに登録をしてください。(2014/09/04)


今後の予定

 


What's News?

更新記録等

[top]

「黄金の夜明け」研究会について

目的(Purposes):
私たちの宣言2014/06/10改訂
主な活動:「黄金の夜明け」研究会MLの運営
事務局長:JAGD
[top]

「黄金の夜明け」研究会MLについて

運営人:JAGD
創刊日:00/07/04 (FreeML版:02/05/26)
媒体:FreeML
登録人数:171名(2014/09/30)
総発行数:1156通+2987通=4143通(2014/09/30)
FreeML版総タイトル一覧(02/09/30まで)
ココデ・メール版ML(廃止)

活動内容

MLのルール:基本的に礼儀正しく投稿する事。詳細はニックネームとタイトルについての注意会則を参照してください。

興味がある方は下記の参加フォームにアドレスを記入し、
届いた確認のメールの指示に従って登録してください(退会方法)。

「黄金の夜明け」研究会ML


[top]

Contents(目次)

[Introductions][Kabbalah][Tarot][Disciplines][Meditations][Clairvoyance][Rite][Alchemy][Divinations][Astrology][Bibliography][Plato][Aleister Crowley][Paul Foster Case][Dion Fortune]

Events

Papers and Discussions(MLに投稿された論考・討論の一部)

[top]

Reports(MLの活動報告書)

[top]   管理人が隙間時間を見つけてこそこそ作成しているコメントつき魔術系リンク集。 [top]

Down Load (02/08/06)

  MLの過去ログはネット上にては一般公開しておりません。参加者はリストにてお尋ね下さい。 [top]

「黄金の夜明け」研究会電子書庫

 主として、インターネットから収集された非常に膨大な電子資料(電子図書や音声・映像データ)により構成されたアーカイブ(書庫)。研究会のレファレンスに使用されています。権利関係が不明の資料も含まれるため、一般公開は予定されていません。現在個別の問い合わせにのみ応答を行っている。

[top]
このページに対する御意見・御感想・御質問、MLに対する問い合わせは、下記のアドレスまで
JAGD
Webページ、並びにML上の文書は発言者以外無断転載・無断転用禁止
入手した情報は常識を持って取り扱ってください
利用する際は発案者・発言者に敬意を表し情報源を明示しよう。
また、インターネットで公開している以上当然にリンク・フリーです。
もっとも、事後にでもお知らせ下さると大変嬉しい。

since 2000.12.25
Author: JAGD, JAGD(日本語)
©2000/12/25-2014 and beyond
inserted by FC2 system