私たちの宣言


 1993年、日本の代表的な「黄金の夜明け」研究家の江口之隆氏は、

ある意味で日本に於ける≪黄金の夜明け≫系列紹介の完結ともなるであろう。
江口之隆, 黄金の夜明け魔術全書(下)(p.557, 1993)
と宣言しました。

 彼の宣言した通り、日本におけるオリジナルの黄金の夜明け団の基本テキストの発表は、国書刊行会による、一連の出版事業により、完結したといえます。

 今、私たちが問われていることは、この≪黄金の夜明け≫系の魔術を、どのように消化・吸収し、現代の日本社会に生きる私たちの生活環境、そして私たちの文化・民族等に適合した形で実践していくか、です。
 しかし、江口氏の宣言から二十一年(注1)もの歳月が経過したにも関わらず、私たちは、十分に≪黄金の夜明け≫を消化・吸収し、私たちの生活環境に適合した形で実践をすることができていないのではないでしょうか。

 二十一年もの歳月が経過し、なお不十分である原因は何でしょうか。
 現代の日本の置かれた社会的現状、経済不況、オウム真理教事件、文化的基盤の差、日本人の気質、さまざまな原因をあげることができるでしょう。そして、その原因の一つには、研究者の多くが孤独な研究活動に従事し、他の研究者と研究内容について討議する場が少ない事、その結果、研究者が研究の動機付け、研究意欲を維持できず、段階的、継続的な研究活動が維持できないことが、挙げられるのではないかと考えています。

 そこで、私たちは、このような現状を改善するために、「黄金の夜明け」研究会を組織し、日本国内の≪黄金の夜明け≫研究者の共通の討論の場を設けることとしました。



2014C.E. 5.8.Thu

T.R.K.
「黄金の夜明け」研究会 初代事務局長
最終改訂:2014/06/10
(注1)本宣言が最初になされた2001年5月26日土曜日当時は「八年」であったが、今回の改訂に伴い変更した。
INDEX
作成者: JAGD
©2014 and beyond inserted by FC2 system