Aleister Crowleyに関する研究(Study for Aleister Crowley)


はじめに

 筆者は、クロウリーを預言者、『法の書』を預言書と、理解し、受け入れている者ではありません。

 故に、筆者は、クロウリー信者・セレマイトでもありませんし、O.T.O.(東方聖堂騎士団又は東方聖堂修道会)又はA∴A∴(銀の星)の構成員でもありません。

 どちらかというと、クロウリーに否定的立場です。

なぜなら、彼の伝えられる行いや人となりが尊敬できないからです。
そして、このような考えをおろかと断ずる人も多いかと思いますが、
尊敬できない人の教えを、わが一大の教えと奉ずることは私にはできません。
宗教や思想は実践の学ですから、宗教や思想の人は、その口から発したものや書き残したものではなく、
行いによってこそ、その教えの価値を判断されるべきと思います。

 筆者は、あくまでも、自分の見解を形成する上で、先輩の一人であるクロウリーの先行研究を、参考にさせていただいている、そんな一人にすぎません。

 また、筆者は、しばしば聞くことがある「彼と同時代に生きていたら、一緒に作業はしなかった(彼をマスターとして仰がなかった)けど…」との言説を聞くと、結局のところ、一部の方々は、彼を自分にとって都合のいい死んだ英雄として、玩弄しているのではないか、そのような疑いさえ覚えます。
 そして、そのありようを、以前見た、A真理教の一連の事件の後、その信者がTV取材に対して同教団が翻訳した仏典を手に取り、

「A師らは確かに罪を犯した、しかし言っていることは正しいし、よいことをいっている(ゆえに信者になった…続けている)」

と答えていたシーンと重ねてしまった(過去形)、捻くれ者です。

 このような、AC及びその信者たちについて、斜視している筆者の書いたものですから、彼を預言者と信じ、法の書を預言書と信じている真面目なクロウリー信者・セレマイトの方にとって、不快な表現等がある場合があります。

読まれる方は、ご注意ください。
不快になる可能性がある方は、閲覧を中止してください。

 なお、「そんなら研究するなよ」とご批判をなさる方もいらっしゃるかと思います。
 これに対しては、クロウリーの思想や技法が西洋魔術の世界においてメジャー・トレンドの一つを形成していること、彼自身の研究や著述(初期のものにはGD内部で研究・口授されていた内容も含まれる)にも見るべきことが多いこと、かつ、それに参加する多くの真摯な魔術研究者の存在があり彼らの業績を無視することはできないこと、などを指摘したいと思います。現状では、嫌でもある程度クロウリーに関連する事項を勉強しないと、GD系統の魔術の研究をやってくのが難しいのです。

 また、本稿は、本サイトの他の記事と同じように、筆者や研究会参加者が、勉強のための覚書を移動時間等の隙間時間にネットで参照することができるように、と執筆・公開されたものです。
 日本国内にはOTOのロッジが既に存在し、日本人メンバーも参加していることが確認されています。より詳細な研究は、彼らによる公開を待つことにしたい。

お願いしますよ、OTO Japanやクロウリー信者・セレマイトの日本語堪能なみなさん!
日本は、諸君による、知識公開・翻訳事業の進展を待っている!!


  1. 略歴(Time Line) →ひとまずWikiをみよ。信者、あるいは彼のフォロワーと思われる方たちがが丁寧に作成しているようです。
  2. 鍵概念
    1. 聖守護天使

       聖守護天使は、

    2. 深淵(アビス・Abyss)越え('crossing the Abyss,')

       この問題は、前提としてアビスの存在を必要とする。そこで、前提論点として、そもそもアビスとは、何かが問題いとなる。
       有名なアビスだが、意外と魔術関係の事典にはその記述がない。今回は数少ないアビスに言及する記述のうちNevill DruryのDictionary of the Esoteric(2002)の解説を紹介する。この内容は、概ねの人々のコンセンサスではないかと思う。

      "Abyss In magical and kabbalistic terminology, the gulf between the Trinity (represented by Kether, Chokmah, and Binah on the Tree of Life) and the remaining sephiroth of manifested existence. Occultists believe that only adepts can bridge this gulf to higher spiritual consciousness. The Abyss is sometimes associated with the so-called "eleventh sephirah", Daath."
      「深淵 魔術及びカバラの用語においては、3つ組(生命の木におけるケテル、ホクマー、ビナー)と顕現された存在である残されたセフィロートの間にあるみ裂け目(大きな隔たり)をいう。オカルティストは、達人だけがこの裂け目乗り越えて高い霊的意識に到達できると信じている。この深淵は、しばしば11番目のセフィラーといわれるダースと関連付けられている」

       また次に、誰が、いつ提唱した概念か、問題となるが、これについては残念ながら明らかではない(深淵に該当する言葉は、箴言などにも見出されるが、直接にはアリの容器の破壊などの理論が影響しているのではないかと思う。)。
       アビスについては、その言葉自体は一般的であるが、この特殊な使い方の出自は極めて不明瞭なようだ。
       クロウリーの見解に乗っかる人は別に問題はないが、そうでないならば、勝手に概念を作って、勝手に超えた超えないと論じている可能性もあるので、取り扱いには注意が必要であろう。

       更に付言すると、そもそも論として「神と人との間に隔たり(Abyss)がある」(このアビスの問題はしばしばこのように言い換えられる)、この発想自体が普遍的なものではない
       この点にもぜひ注意して欲しい。
       なお、「クロウリーの系譜に属するもの」としては、J. Edward CorneliusはThe Magickal Essence of Aleister Crowleyの一章(18章)をアビスに当てているし、J.Daniel.Guntherはクロウリーのこの手の話をより理論化・精緻化して論じている。また、「クロウリーの影響を受けたもの」としてはDion Fortune(1891ー1946)のMystical QabalahにおけるAbyssの記述がある。後者については、インターネット上でデータとしても入手できるので、それを「Abyss」で検索して該当箇所を確認して欲しい。

  3. 著作(Works)→こちらもWikiなどをみよ。
  4. 儀式研究(Rituals)
  5. 関連する人々

     関係書籍を調べたり、ネットで検索をかけたりする上で、人物関係が分からないとこまるので、調査上上がった人物を挙げた。英語版Wikiで検索すること。  ただ、挙げた中にはその人物が描いた資料が役に立つので挙げただけで、団体史的な観点からは、重要でない人物が入っている可能性もあります。

    いわゆるAAがらみ


    Jane Wolfe (1875?1958)-Phyllis Evalina Seckler (Soror Meral, the College of Thelemaの創立者、 Grady McMurtryの元嫁)(1917?2004)-James A. Eshelmen(1948-)・David Shoemaker・Lon Milo Duquette・Nathan Bjorg

    [Karl J. Germer(1885-1962)-]Marcelo Ramos Motta (1931-1987)-J.Daniel.Gunther(グラトニーのOTOにおける権威を認めて合流?した、近時日本でも注目されているモッタのリンケージのAAの論客?)

    【付記】OTO JapanのHierosPhoenixの日記の2015-01-23 The Eye in the Trianglにちょっとした解説があったので、参照されたし。上記記事によれば、EshelmenとShoemakerは別個に活動されているようです(喧嘩してるかは不明)。(2015/02/02)

  6. 関連書籍・参考になる本

     国書刊行会による一連の出版、日本のOTO代表(2014当時)であるHieros Phoenix氏がOTO_Intro_ver_1.4で挙げている本。

     個人的には、彼[AC]の想定した修行体系(AA)についてはJames A. EshelmenのThe Mystical and Magical System of the A.'.A.'.、個別儀式などに関してはLon Milo DuquetteのThe Magick of Aleister Crowley、より実践的な一種のQ&A的なものとしてDavid ShoemakerのLiving Thelema、EshelmenやDuQuetteらの著作の間隙を埋めるものとしてNathan BjorgのSpiritual Exercises of Thelema、などが特に参考になるのではないかと考えている。



INDEX
作成者: JAGD
©2014 and beyond inserted by FC2 system