日誌について


 現代の西洋魔術の世界では、日誌(日記)を付けることが推奨されています。この日誌は、Magical Diary、魔術日記、魔術記録などと呼ばれます。通常は、魔術儀式や瞑想を実践した際に、その感想などを記録したものを指します。

 当たり前ですが、日誌のフォーマット・形式は、規定はありません。ただし、日付、天候、体調、実践時刻、内容等を記入するのが一般的でしょう。
 天候については、月齢、星の配置等を、どこまで書くかは個々人の自由ですが、データ重視の方は統計を取る上で記載しておくのが便利かと思います(この場合、端的に結果について、良・不良と分類をしておくと便利です。)。もっとも、継続して記録を採ることが大事ですから、実際にやってみて、無理のない様式を採用するのが、一番かと思います。

 また、日誌には、日常における気づきや読んだ本など、雑多にわたる事項を記入することもあります。
 基本的に何を書いても自由ですし、それほど形式にこだわる必要はありません。もっとも、魔術団体に所属するなどして記録の提出が必要な場合は、その団体の形式に従うべきです。また、そのよう場合には記録が第三者に閲覧される危険性がありますので、余りにも個人的内容を記載するの避けた方が良いかもしれません。加えて、あまりに雑多なことを書くと、担当者(複数の学生を担当している場合も多いでしょう)の負担となりますので、その点にも注意が必要です。

 ところで、この日誌はなぜ取るのでしょうか。
 これについては、いろいろな本に理由は書いてあるかと思いますが、私は大きく以下の2点と考えています。
 まず、第一に、記憶の補助すなわち備忘のためです。記憶を保持するのは意外に大変です。また、データ重視の方は、天気や月齢や天の配置によって、いかなる場合にいかなる作業が良好な結果を得るか統計を取ることが可能です。
 第二に、実践の体験を記録することにより、一度自分の心から取り出して、整理し、感情の爆発などを押さえる効果を期待することができます。オカルトに興味を持つ方は、内面に激しさを持っている方が多い。儀式等により高まった内面の感情により日常生活に支障をきたさないためにも、日記をとることによるクールダウンを習慣づける事が大切です。

 では、日誌をどのような媒体にどのような方法で記録するべきでしょうか。
 現代では、概ね、(1)紙に手書き、(2)PC等の電磁的記録媒体に保存する、の二つに分けることができるでしょう。後者については、プリントアウトするか否かでも違います。
 どのような方法がいいのか、一概には言えません。これも、個々人のライフスタイルに合わせて選択するべきでしょう。
 ちなみに、私個人は、PCを起動させる手間を惜しむ、図などを書き入れることが楽、タイピングよりも、手書きの方が、体を動かしている気がし、体験や感情を媒体(記録、メディア)に保存しやすい気がする、等の理由から、手書き派に属しています。

 みなさんが、どのように日誌を取るか分かりませんが、記録すること自体に意味があるので、どのような方式方法であれ、ぜひとも、みなさん、とり入れてください。

 その他、日誌の具体的書き方については、秋端『実線魔術講座』やバトラー『魔法修行』などに、より充実した記載があります。詳しくはそれらをご覧ください。
 また、興味がある方は、スティーヴン・スキナー編江口之隆訳『アレイスター・クロウリーの魔術日記』(クロウリー著作集別巻2、国書刊行会、1997)が発行されていますので、そちらもご覧ください。フォーマットは特にない、ということを理解されることかと思います。ただ、クロウリーは薬物中毒者で躁鬱の傾向があるので、記録に飲み込まれないようにやや注意が必要です。


INDEX
作成者: TRK, JAGD
©2016 and beyond inserted by FC2 system